クラウドは、貸し倉庫…荷物の預け場所

Appleに関係なく、パソコン、タブレット、スマートフォンしかり…

楽しく使えば使う程、本体の中身がドンドン増えていきます。

全ての端末(マシーン)には、保存出来る容量に限りがあります。

そこで下記の図のようにインターネットに繋いで、外に自分専用のフォルダーを作り、

音楽・写真・動画などを置いておきます。


外にあるフォルダーをクラウドといいますが、例えていうと…

端末がお家、外のフォルダーが貸し倉庫のような感じです。

ただし、外にある荷物が必要な時には、自分で取りに行かないといけません。 


ブラウザでIDとパスワードを入力すると、自分の端末でなくても入ることができます。

個人で扱うクラウドは一定容量、無料でそれ以上は有料であったり…と色々なところがサービスで出していたりします。

それでは、私が登録しているクラウドをご紹介します。

左上から無料容量

★ Dropbox → 2GB


★ Google ドライブ  → 15GB(Gmail、フォト、 Google+)


★ OneDrive  → 15GB

 Microsoftが運営しているので、ソフトが入っていなくても、ワードやエクセルなどが編集できる。


★ Amazon Music

 Amazonのアカウントを持っていて、触ってたら知らない間に出来てました。

 色々なフォイルを置けるところは、音楽も曲を1回ずつ押して再生しないといけないのですが、ここは音楽専用なので自動連続再生ができます。

 ずっと曲がループしてくれるのは、便利です。


それと、Apple製品を使うと自動的に<iCloud>が5GB無料で貰えます。

確認するには → 設定 > iCloud ( ↓↓ 下記 )


パソコンを持ってない場合は、この iCloud に iPhone や iPad の中身のコピーを保存しておきます。コピーする項目もその下のオンオフで選びます。

トラブルがあった時に、iCloudの中のコピーと移し替えます。

無料容量が5GBしかないので、足りない時は有料で増やすことになります。



<容量>をタップ(押す)と使用可能容量など詳細が確認できます。(  ↓↓ 下記 )

パソコンから iCloud の中を見た画像が下記になります。





こちらもよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

0コメント

  • 1000 / 1000