文字を打ちましょ

キーボードは奥深いので

よく使いそうなものだけ、ササッと説明します。



1)iPhoneでは、便利な文字選択 → フリック入力

言語に関係なく、一文字を押さえる(タップ)すると上下左右に文字が現れます。

指を押さえたまま、入力したい文字に移動させます。

選んだ文字が反転し、青色のバックになります。

これを<フリック入力>といいます。



2)キーボードを選ぶ(iPhone & iPad 共通)

左下の地球儀のようなマークを長押しすると、設定した言語のキーボードのウィンドがでてきます。

指を離しても表示されたままになりますので、使いたい言語を押します。(タップ)


3)<日本語かな>には、3種類のキーボード

iPhoneとiPadでは画面幅が違うので、文字の表示が違います。


4)ローマ字とEnglish(US)は若干違う

それぞれのキーボード iPad版(上)とiPhone版(下)を並べてみました。

ローマ字とは、例えば<か>を入力したい時に<K>と<A>を打ちます。

パソコンのキーボード入力に慣れた人が使うくらいで、普段使う人は少ないかもしれません。

赤丸の上↑を押して(タップ)バックを白にすると、大文字になるのは共通です。

5)手書き文字?

いつの間にか<中国語(繁体字)ー手書き>というキーボードを入れていたみたいです。

指で文字を書くと変換してくれます。

ただし、中国の漢字です。



こちらもよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓

0コメント

  • 1000 / 1000